HAKARA式
Whitening Note

ホワイトニングの“サブスク”そのメリットと注意点とは?

ホワイトニングの“サブスク”そのメリットと注意点とは?
医療法人社団ハーツデンタルクリニック 院長(歯科医師、歯学博士)監修
監修者 歯科医師 永橋克史 ハーツデンタルクリニック西白井駅前の院長。城西歯科大学(現 明海大学)卒業。仕事でうれしい時は思うような治療ができ、患者様に喜ばれ、お礼を言われたとき。
ハーツデンタルクリニック西白井駅前
監修者 歯学博士 高田耕司 日本歯科麻酔学会認定医、歯学博士。麻酔での無痛治療を得意としている。
ハーツデンタルクリニック八千代中央駅前
監修者 歯学博士 加瀬武士 ハーツデンタルクリニック谷塚駅前の院長。日本大学歯学部歯学科卒業。補綴学を専門分野としている。
ハーツデンタルクリニック谷塚駅前
どのタイプのホワイトニングも、施術により白くなった歯を永久的に保つことはできません。白くなった歯をこれからも長く維持したい場合は、定期的にホワイトニングを繰り返しおこなう必要があります。

 

今回ご紹介するホワイトニングのサブスク(サブスクリプション)は、一時的な白さではなく、これからもずっと白さを保ちたい方におすすめのサービスです。ここでは、ホワイトニングのサブスクについて、その概要やメリット、注意点などをご紹介していきます。

 

サブスク(サブスクリプション)とは

 

サブスクとは“サブスクリプション”の略語で、もともとの意味としては「予約金」、「定期購読」、「会費」などが当てはまります。

 

ただ近年は、一定の金額を事前に払うことで、気に入った商品を決められた期間内であれば何度でも利用できる、いわゆる「定額制」という意味合いで使われています。私たちの身近なサブスクとしては、「Apple Music」や「Netflix」などの音楽・動画配信サービスが代表格です。

 

このようなサブスクリプション方式のサービスは、音楽や動画の配信以外にも新たなビジネスモデルとして、さまざまな企業が導入を始めています。ホワイトニングにおけるサブスクもその一例で、歯科医院やホワイトニングサロンなどでも導入するところが増えています。

 

ホワイトニングのサブスクでは、事前に決まった料金を払うことで一定の期間内であれば何度でも施術が受けられたり、月ごとの料金が安くなったりする形式が一般的です。

 

ホワイトニングの「サブスク」のメリット

 

ホワイトニングにおけるサブスクのメリットは、コストが抑えられることと、継続的にホワイトニングをする“きっかけ”が作りやすい点にあります。

 

ホワイトニングの効果は永久的に続くものではなく、個人差はありますが時間の経過とともに色の後戻りが起こります。たとえばコーヒーカップや湯呑茶碗を毎日洗っていても、しばらくすると飲み物の色や茶渋で表面が黄ばみ、こすっても落ちなくなる経験は誰しもあるでしょう。歯の表面にもこれと同じことがおこり、飲食物に含まれる色素が少しずつ沈着して歯を黄ばませてしまいます。とくに歯の場合は、その表面を覆う「ペリクル」という膜と色素が結びついて着色させてしまうため、一度黄ばんでしまうと歯ブラシでも容易にそれを落とすことができません。このようにホワイトニングをした歯は、たとえ毎日しっかり歯を磨いていても、時間が経つと再び元の色に戻ってしまうわけです。

 

したがって結婚式や就活など、特定のイベントに限定して歯を白くするのではなく、白い歯を長く維持するには定期的に施術を受けるのが理想的といえます。ただそうなると気になるのがコスト面です。ホワイトニングのサブスクでは、単発の施術よりも1回の施術料金が安くなるように設定されています。

 

つまりサブスクを利用しておけば、ホワイトニングにかかるコストを安く抑えながら白さを維持できるというわけです。

 

また、あえてサブスクを利用することで、次の施術までに大幅に期間が空いてしまうのを防ぐ効果も期待できます。まめな管理が苦手な方や、日々の忙しさについ施術を忘れがちな方にとっては、サブスクはホワイトニングを継続しておこなう良いきっかけとなるでしょう。

 

ホワイトニングの「サブスク」の注意点

 

ホワイトニングのサブスクでは、期間内に指定された回数の施術をおこなわないと、かえってコストがかさんでしまう場合があるので注意が必要です。

 

後戻りのスパンは個人差も大きく、さらに生活習慣(セルフケアの回数や食生活など)によっても左右されます。サブスクの設定条件は施術を受けるクリニックやサロンによって異なるため、場合によっては施術回数が必要以上に多くなることも予想されます。その点も考慮のうえ、自身に合うサービス内容のものを選んでいきましょう。

 

まとめ

 

ホワイトニングにおけるサブスク(サブスクリプション)は、白い歯をこれからも永続的に維持していきたい方におすすめのサービスです。サブスクを利用するとホワイトニングにかかる料金の総額が抑えられるほか、定期的なホワイトニングの施術が習慣づけやすくなります。

 

なお、ホワイトニングのサブスクについては、利用する歯科医院やサホワイトイングサロンによって施術が受けられる回数や料金などが異なります。事前にその内容をよく確認のうえ、自身のライフスタイルやかけられる費用に合ったサービスを見つけていきましょう。

 

執筆
歯科医師:影向 美樹

おすすめ記事

 



FacebookTwitter

関連記事

歯科医院のホワイトニングでは知覚過敏は避けられない?
ホワイトニングの知識 2022.02.07

歯科医院のホワイトニングでは知覚過敏は避けられない?

目次 1 知覚過敏について1-1 病名は「象牙質知覚過敏症」1-2 そもそもなぜ冷たいものでしみるのか?1-3 神経が存

関東周辺でお勧めのホワイトニングサロン・歯科医院ベスト5
セルフホワイトニング 2021.12.28

関東周辺でお勧めのホワイトニングサロン・歯科医院ベスト5

目次 1 ホワイトニングの種類とその効果1-1 オフィスホワイトニング1-2 セルフホワイトニング2 選ぶおすすめのポイ

歯のホワイトニング中に食べていいもの・食べてはいけないものとは。コーヒーやワインは?
ホワイトニング注意点 2021.04.05

歯のホワイトニング中に食べていいもの・食べてはいけないものとは。コーヒーやワインは?

目次 1 1.ホワイトニング中に色素の濃い食べ物を食べても大丈夫?1-1 1-1.まず知りたい!ホワイトニング治療のしく

歯科医院のホワイトニングがしみるのはなぜ?
ホワイトニング注意点 2021.04.02

歯科医院のホワイトニングがしみるのはなぜ?

目次 1 歯がしみる3つの原因と対処1-1 A:歯のヒビや隙間が原因の対処法1-1-1 Aの対処法1-2 B:知覚過敏が

妊娠中(妊婦)や授乳中に歯のホワイトニングをしても平気?
ホワイトニング注意点 2021.04.05

妊娠中(妊婦)や授乳中に歯のホワイトニングをしても平気?

目次 1 1.ホワイトニングは妊娠中・授乳中もできる?1-1 1-1.ホワイトニングによる母体を通じて胎児・乳児への影響

歯のホワイトニングに副作用・悪影響はあるの?
ホワイトニング注意点 2021.04.03

歯のホワイトニングに副作用・悪影響はあるの?

目次 1 歯科医院でのホワイトニングの場合1-1 知覚過敏1-2 歯髄炎1-3 神経や細胞の損傷2 ホームホワイトニング